デジタルインプラント

デジタルインプラント

デジタルインプラントとは

コンセプト

デジタルインプラントでできること

デジタルインプラントの手順

デジタルインプラントでできること

デジタルインプラント医師もしくは医院の基準は

1. 骨形態、骨質を考慮した埋入

デジタルインプラントでは立体的な骨形態を確認することができ、まあた、断層内により内部の骨質や骨の硬さを確認できるため、インプラント手術に必要な解剖学的情報を得られます。また、この立体像の上にインプラントを配置することでさまざまな治療計画をシミュレーションできます。

デジタルインプラントなら事前に3Dシミュレーションを行うことであなたに最も適切な治療計画を提案することができます。これにより多くの症例で骨造成なしでのインプラント埋入が可能になります。

2. 狙った位置にスピーディにインプラント埋入

デジタルインプラントでは「サージカルテンプレート」によりわずかな骨のあるところを狙って埋入したり、上顎洞や神経や血管を避けて埋入する事が可能です。従来のように切開して骨形態の確認をする必要がないので、素早く理想の位置に埋入することができ、一回の手術で10本以上の埋入も可能です。場合によっては歯肉の切開も必要ありません。それほどまでに正確で適切な位置にスピーディにインプラントを入れる事がデジタルインプラントで実現できます。

3. 歯肉非切開法(フラップレス法)

この術式は「歯肉非切開法」もしくは「フラップレス法」といいその名の通り歯肉をメスで切ったり剥離したりしないでインプラントを埋入する方法です。従来のインプラント手術では顎骨の形態、硬さなどを見るために歯肉を大きく切開した後、剥離します。この方法は外科による侵襲が大きいため出血が多かったり感染率が上がったりし、術後に腫れや痛みが発生します。非切開法は実際にはインプラントの直径分だけ歯肉をくり抜きますが切開法に比べると外科的侵襲が圧倒的に少なくオペ時間が短いため、痛みや腫れが発生しにくく回復が早いとメリットが多い方法です。
しかし、CT撮影やコンピュータシミュレーションなどの立体的な診断をせずにすると盲目的なオペになり危険極まりない方法となってしまいます。
術前に顎骨をしっかり把握でき正確にインプラントを埋入できるデジタルインプラントはこの非切開法にも有効な方法であるといえるでしょう。

【歯肉非切開法】

4. 骨を造らないインプラント

「骨を造らないインプラント」とは手法というよりはコンセプトだと思っていただいて良いかと思います。
通常のインプラント治療のために骨が不足したと思われる場合、自家骨移植、上顎洞底挙上術(サイナスリフト)、仮骨延長などの「骨造成の使用を回避する」方法ということです。インプラントは既存骨を利用するほうが効果的であることが証明されています。また患者さまの体力的な負担だけでなく、金銭的負担も軽減できることから最近特に注目されてきています。

5. 最終人工歯を考慮した埋入

私たちは最終人工歯の歯並びを考慮した治療法を「トップダウントリートメント」と呼んでいますが、デジタルインプラントはこのトップダウントリートメントに忠実なプランを立てる事ができます。

6. 即日インプラント

昨今ではインプラントの埋入手術をしたその日に仮の人工歯を装着しで帰宅できる「即日インプラント」というものがあります。即日インプラントは正確には「即日荷重インプラント法」といい、埋入手術を終えたインプラントに24時間以内に何らかの補綴物(人工歯、仮歯など)を装着し咬合圧を加え即時に負荷をかけ始める方法です。1ヶ月強の食事制限はありますが、手術直後から歯があるということは治療中のQOL(生活の質)向上に大きく役立つ手法といえると思います。
例えば、日本でもだいぶ普及してきた「All-on-4」(オールオンフォー)などは典型的な即日インプラントといえるでしょう。
ただ、即時インプラントは術前診断が成否を左右すること、きちんと専用のインプラントを使用する、決められた手技を確実に行うなどと手法としては難易度が高いこと、食事制限を徹底する必要があり患者さまの協力が不可欠なことなど必要な条件がそろわないと成功しない方法です。
前述した1.~5.の項目を可能とするデジタルインプラントで治療することでより多くの症例を、より確実に即日インプラントで行えます。また、サージカルテンプレートを使って模型を作ることで事前に仮歯を用意できますので、当日の処置時間も大きく短縮することが可能です。

【即日インプラント症例】

7. All-on-4(オールオンフォー)

4本のインプラントをセオリーに沿って埋入することで12本分程度の人工歯列を装着できるという革新的な全顎用インプラント治療法です。
典型的な「即日インプラント」でもあり仮の人工歯列をオペ直後に装着します。また、長期無歯顎の方や重度の歯周病で顎骨が少なくなった方にも高い確率で適応できる画期的な技術で世界中で需要が高まっています。ただ、4本という数は最低限の本数で、逆に言うと1本の失敗も許されないシビアな方法とも言えます。

【All-on-4コンセプト】

●無歯顎症例(抜歯による無歯顎予定も含む)に適応
●なるべく少ないインプラント本数(最少4本)
●前歯部の骨質の良い部位を利用
●専用ガイドを使用した傾斜埋入
●即日インプラント(即時荷重)

詳しくはこちら

院長ブログ

最新記事

ブログを見る

カウンセリングのご予約・当クリニックへのお問い合わせを承っています

診療時間

地図

メールでのお問い合わせ

〒755-0029 山口県宇部市新天町2-1-1(井筒屋交差点斜め向い)
・JR宇部線 琴芝駅より徒歩6分

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

ページの先頭へ