デジタルインプラント

デジタルインプラント

デジタルインプラントとは

コンセプト

デジタルインプラントでできること

デジタルインプラントの手順

デジタルインプラントの手順

術前検査・診断

問診、視診、パノラマX線撮影、口腔内写真などの資料採りやCT撮影を行います。
審査・診断の前段階で必須となるのがCT撮影です。CT撮影の時点でよりいろいろな解剖学的分析結果が得られインプラントに有利な情報が得られますが、CTデータを見るだけではデジタルインプラントとは呼べません。CT撮影で得られるCTデータ(DAICOM)はデジタルインプラントの根幹をなすものであり、このデータを得ることからデジタルインプラントの治療が始まります。
カウンセリングや治療説明をこれらの資料をもとに行います。
あと緊急処置や必要な術前処置そして次のCTダブルスキャニングに必要な「ラジオグラフィックガイド」作製のための歯型を採ります。

CTダブルスキャニング

われわれが主に使うノーベルガイドシステムで使用するCTデータは「ダブルスキャニング」という少し特殊な撮影法で行います。まず先ほど述べた「ラジオグラフィックガイド」と言われる透明の入れ歯のような装置を用意します。これは最終的な人工歯があるべき理想的な歯並びを再現したもので、事前にとった歯型をもとに咬合器上で作製します。このラジオグラフィックガイドを口腔内に装着した状態で患者さまの顎骨をCT撮影(CTスキャン)します。その後ラジオグラフィックガイド単体をCT撮影します。
こうして「顎骨+ラジオグラフィックガイド」、「ラジオグラフィックガイド」単体の2つのCTデータを用意できます。

3D画像作成

この2つのCTデータをパソコンでプログラム(プロセラソフトウェア)により分析、立体化し、グラフィックガイドに入っていたマーカーを基準にあたかも口腔内でそうであったようにラジオグラフィックが口腔内に装着された状態をパソコン画面上に再現します。
この3D画像は

・実寸が計れる
・あらゆる顎骨断面が見ることができる
・立体的な構造が把握できる
・骨質(骨密度など)を診断できる
・最終的に目指す歯並びと顎の骨との位置関係が分かる

など多くの情報を確認できます。これをもとにシミュレーションに必要な解剖学的審査・診断を行います。

シミュレーション

ここからがデジタルインプラントの真骨頂といえます。作成された3D画像上にインプラントを埋入していきます。当然パソコン上での作業ですから仮想で行う手術ということになりますが、顎骨に対するインプラントの寸法比率が高い精度で再現されていますのでかなり精密なシミュレーションが行えます。こうして出来上がったインプラントの埋入された3D画像がインプラント埋入の治療計画データとして実際の手術に生かされていきます。デジタルインプラントではこの作業がインプラント治療の成否を左右するといっても過言ではなく、仮想とは言え高い知識と豊富な経験、そして熟練した技術が必要とされます。

シミュレーション

ノーベルガイドシステムのプロセラソフトウェアではこのサージカルテンプレートの設計もでき、設計データをオンラインで製造工場に送るとCAD/CAM(光造形技術)により設計どおりのサージカルテンプレートを製造して配送してくれます。

サージカルテンプレートによる埋入外科

まずサージカルテンプレートを顎骨にアンカーピンと言われるピンで固定します。そしてスリーブと言われるメタルのリングに専用の器具を装着しドリルを順次穿孔していきインプラントを埋めるインプラント窩を形成します。このスリーブがインプラント体を埋め込む方向、深さをコントロールする役目を果たします。またこの際、基本的には歯肉を切開しないフラップレス(非切開)法で行います。
最終的にはインプラント体を埋め込む作業までサージカルテンプレートのサポートで行います。

CAD/CAMによる最終補綴物製作(人工歯)

CAD/CAMを使用してインプラントの支台や最終人工歯のフレームを制作しています。
コンピュータスキャンで読み取った設計に従ってチタンもしくは、ジルコニアのブロックから削り出していきます。溶解・溶接をしていないので、強固な一体型のフレームができあがります。チタンは通常の合金よりずいぶん軽く仕上がりますし、ジルコニアは金属を使用しないのでより明るく美しい色調に仕上げれます。

【CAD/CAM】による最終人工歯製作例

院長ブログ

最新記事

ブログを見る

カウンセリングのご予約・当クリニックへのお問い合わせを承っています

診療時間

地図

メールでのお問い合わせ

〒755-0029 山口県宇部市新天町2-1-1(井筒屋交差点斜め向い)
・JR宇部線 琴芝駅より徒歩6分

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

ページの先頭へ