インプラント治療

インプラントは第二の永久歯です。

インプラントとは、歯が無くなってしまった個所に人工の歯根を埋め込み、その上に新しい人工の歯を取り付ける治療法です。
他の治療法のように両隣の健康な歯まで削り、犠牲にすることもなく、違和感や不快感もありません。その上、残っている歯や歯茎に負担をかけず、最大限の機能回復ができ、見た目も美しい仕上がりになります。

インプラントの構造

審美歯科

インプラントの構造は右の絵のように、

●上部構造
●アバットメント
●インプラント体 (フィクスチャー)

の大きく3つの部位に分けることができます。

上部構造
歯肉から出ている部分です。人工歯の素材はセラミックなどいくつかあり、審美性や機能性によって選択することが可能です。アバットメントとの連結方法は、ネジ止め式とセメント合着式があります。

上部構造
インプラント体(フィクスチャー)と上部構造の人工歯をつなげるための部品です。アバットメントがあることで、人工の歯が歯肉から生えているように見せることができます。

上部構造
インプラントの本体となる部分で人工歯根と言われる物です。基本的にはチタン製で現在ボルト様形状の物が主流です。顎骨に無菌下で埋入することで骨細胞と結合(オッセオインテグレーション)し強固な維持力を発生します。
これがインプラント全体を支える力となります。

こんな方におすすめします

●一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない

●抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない

●ブリッジをするために健康な歯を削りたくない

●審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある

●入れ歯の着脱がわずらわしい

●入れ歯が気持ち悪くて装着できない

●入れ歯が合わなくなった

●交通事故の外傷などで歯を失ってしまった

院長ブログ

最新記事

ブログを見る

カウンセリングのご予約・当クリニックへのお問い合わせを承っています

診療時間

地図

メールでのお問い合わせ

〒755-0029 山口県宇部市新天町2-1-1(井筒屋交差点斜め向い)
・JR宇部線 琴芝駅より徒歩6分

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

ページの先頭へ