インプラント治療

特殊な骨造成

特殊な骨造成

骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に、骨のもとになるものを詰めて骨の再生を促す治療法です。
インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に行われます。
GBR法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、インプラントが可能になうケースが増加しています。

GBR方とは?
GBR(骨誘導再生)法とはGuided Bone Regenerationの略でインプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合に用いられるテクニックです。 歯槽骨や顎の骨を再生する治療方法です。

仮骨延長術

仮骨延長術とは、下顎骨や上顎骨を、骨の移植を行うことなく骨そのものを造成しようとするものです。
歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための高さが不足している場合に仮骨延長術を行います。

上顎洞側壁開窓法

上顎の骨は下顎に比べて柔らかいので歯が抜けると、急速に吸収します。
吸収した上顎骨を造成する方法(サイナスリフト法)は、一般的に上顎洞のそこの部位に骨移植を行います。

院長ブログ

最新記事

ブログを見る

カウンセリングのご予約・当クリニックへのお問い合わせを承っています

診療時間

地図

メールでのお問い合わせ

〒755-0029 山口県宇部市新天町2-1-1(井筒屋交差点斜め向い)
・JR宇部線 琴芝駅より徒歩6分

お気軽にお問い合わせ・ご相談下さい

ページの先頭へ